★柏秋の迷宮人生★

みなさんこんにちは柏秋(かしあき)です。このブログでは人生をより楽しくすることをモットーに、みなさんの役に立つ美容・恋愛・日常・ファッション・ゲーム情報をまとめます〜

人に好かれる話し方紹介!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは柏秋です。

 

あなたは誰かとお話をする時、

話し方に気をつけていますか?

 

実は話し方に気をつけるだけで、

みんなに好かれる人物に

変身することができるんです。

 

今回は、

私が実践している

「人に好かれる話し方」

をご紹介しますので、

是非試してみてくださいね。

1、自分の話は後回し!聞き上手になること!

とにかくみんな、

おしゃべりは大好きです。

 

自分の経験、

考え方を誰かに話すと、

誰でも気持ちが良いですし、

話をじっくり聞いてくれる人には

好感がもてます。

 

「好かれるすごい話し方を教えてくれるのでは?」

って思いましたか?

 

実は聞き上手は話し上手。

 

質問や相槌の打ち方がうまくないと、

相手は上手に話をしてくれません。

 

だから、

誰かとお話をする時は、

質問を駆使して

相手の言葉を引き出してください。

 

2、否定ワードから入らない

相手が自分と異なる発言をした時、

すぐに「でも」「けど」「いや」

などの否定ワードを

かぶせてしまいがちですが、

これは絶対NG。

 

いきなり否定されたら、

誰でも嫌な気分になりますし

「この人は自分が絶対正義だと思ってるんだ」

という印象を持たれてしまいます。

 

だから、

異なる意見を述べたいときは

「確かに、あなたの言う通りだよね!」

という感じで

一度肯定してみましょう。

 

すると、

相手は否定された気分が

薄れるので悪い気がしませんし、

色々な意見があるのね、

と前向きにあなたの言葉を

聞き入れてくれます。

 

3、「この人のことをもっと知りたい」という気持ちで臨むこと

誰かと会話をスタートする前に、

「この人のことをもっと深く知りたい」

と思い込んでみましょう。

 

どんなところに住んでいるのかな、

何のスポーツが好きなのかな、

好きな本は何だろう、

という風に

インタビュアーになった気分で

相手のことを知ろうとしてください。

 

実際にインタビュアーのように、

質問を繰り返す必要はありません。

 

「知りたい」と思うだけで

あなたの表情は生き生きとして、

相手は

「私の話をよく聞いてくれている!」

と良い気持ちになります。

 

4、会話内容に合わせた声のトーンを使う

相手に好かれる話し方において、

地味に大切なのが声のトーンです。

 

日本人は、

会話の内容ばかりに気を取られて、

表情や声などに気を配るのが

ちょっとだけ苦手。

 

だから、

トーン調整をマスターするだけで

「この人居心地が良いな」

と思われます。

 

トーン調整は、

マスターすればとっても簡単です。

 

基本は、

楽しい話題の時は

高くて大きめの声、

悲しい話題の時は

少し低めの小さい声。

 

この2点に気をつけるだけで、

あなたの話は人々の心に

すーっと染み込むようになりますよ。

 

まとめ

人に好かれる話し方って意外と簡単ですよね。

ご紹介した方法すべてを

一気にマスターしなくても、

1つ試すだけでも

あなたの印象がアップします。

 

このブログを読み終わって、

次に誰かとお話をする時に

ぜひ試してみてくださいね。