★柏秋の迷宮人生★

みなさんこんにちは柏秋(かしあき)です。このブログでは人生をより楽しくすることをモットーに、みなさんの役に立つ美容・恋愛・日常・ファッション・ゲーム情報をまとめます〜

水洗顔の注意ポイントを1ヶ月試してみて体得したった!

スポンサーリンク

皆さんこんにちは柏秋です。

 

今日は水洗顔をして1ヶ月が経ったので水洗顔を行う上での注意点をみなさんに共有します

 

ニキビケアで水洗顔がいいといいますが…

f:id:jjsdkjsd:20160304164020j:plain

 

ニキビに良いとされる「水洗顔」ですが、やり方を間違えるとものすごく悪化してしまうというデメリットを持っているのです!そもそもニキビトラブルは、10代から20代と性質も変わってくるため、対処法も違うのです。

そこで、正しい「水洗顔」の方法についてまとめてみました。

 

水洗顔の「水」は冷水じゃなかった?!

 

f:id:jjsdkjsd:20160304164226j:plain

 

温度は32~36℃くらいのぬるま湯で20回以上すすぐように洗えばOK 

 

 「水洗顔」と聞いて、なぜか冷水で洗うと勘違いしている人が多いようです。しかし冷水で洗ってしまうと、肌に負担をかけ余計に悪化させてしまう可能性があるのです!あくまでも、”ぬるま湯”で洗いましょう。

 

 

思春期ニキビや脂っぽい肌質で水洗顔はNG!

f:id:jjsdkjsd:20160304164523j:plain

 

思春期ニキビや脂性肌の方は朝・夜両方とも洗顔料を使いましょう。皮脂量が多い方が水洗顔をすると皮脂が残ってザラつきやはたけの原因になります。

 

元々の肌質が”脂っぽい人”に水洗顔は不向きす。その理由は、水だけの力で汚れを落とすというのが難しい肌の状態であるため。また、肌に何かを塗っている人も水洗顔は不向きなので、日焼け止めなどを塗った際にもクレンジングして汚れを落としてあげましょう。

 

 肌をこするとニキビ悪化!肌に負担をかけてはダメ!

f:id:jjsdkjsd:20160304164836j:plain

 

洗顔後はゴシゴシせず、キレイなタオルで押し当てるように水気を取り、化粧水などで保湿してあげれば終わり 

 

洗っている間だけ優しくしていても意味がありません。タオルで拭く際にも、そっと肌に触れるようにして水気を取るのがポイントです。ゴシゴシしたくなる気持ちはわかりますが、ニキビケアどころか、肌を傷つけてしまうのでやめましょう!

 

 

いきなり水洗顔だけにすると、ニキビが大量発生する可能性あり!

 

f:id:jjsdkjsd:20160304165047j:plain

 

それまで過度の洗顔を行ってきた人がいきなり水洗顔に切り替えると、そのあまりの落差に肌がついていけません。肥大化した皮脂腺も弱めの洗顔に切り替えれば徐々に落ち着いてきますが、肌が順応するまでにはある程度の時間がかかります。 

 

「水洗顔」の特性は、本人の洗浄能力に頼るという部分があります。肌トラブルもない人が行うには肌に余計な負担をかけない洗顔として最適ですが、ニキビなどのトラブルを抱えている人の肌のキメは整っていないため、汚れが落ちづらいそうです。

 

ということは、そんな状態で洗顔料の力を借りずに汚れを落とそうとするのも無理な話・・・。また、これは先程もご紹介しましたが、女性の場合はお化粧をしていることがありますから、クレンジングをしないと汚れが毛穴につまりニキビトラブルの原因になってしまいます。

 

また、最近では男性でも化粧水や乳液を使用する人が増えてきました。ですが、洗顔に関してはどうでしょう?汚れをしっかりと落とす洗顔を心がけていますか?

今まで洗顔料を使用し洗っていても肌トラブルがあった人が、いきなり水洗顔に変えてしまうと、あっという間に汚れが溜まりひどい肌トラブルになります。

 

ですから、いきなり水洗顔にするのではなく、朝だけ水洗顔にするなどして、様子を見ながら徐々に肌を慣れさせていく必要があります。